シュレッダーを選ぶポイントとは

より良いシュレッダーを選びましょう

便利!小さいサイズのシュレッダーでも個人情報を隠せます

近年、個人情報の保護が頻繁に叫ばれています。
企業が顧客データを流出してしまうと大きなニュースとなり、連日テレビや新聞で報道されます。
個人情報は、企業から漏れ出すだけでなく、自分自身から外部に発信していることがあります。
インターネット上の交流サイトに自分の情報を書き込めば、知らず知らずのうちに拡散されて、多くの人の目に晒されてしまう危険性があります。
自宅に届くダイレクトメールなどの書類をそのまま捨ててしまうと、ゴミを漁ればその人の住所や嗜好などが分かります。
自分で自分の情報を守るためには、ゴミを捨てるときにはシュレッダーにかけてから捨てます。
細かく裁断されているので住所などの情報は読み取ることが難しくなります。
ハガキや封筒であれば、小さなサイズの手動タイプでも十分に活躍します。
かなりの量があって、手動で処理をするのが面倒であれば、電動式のシュレッダーが便利です。
家庭用サイズで部屋に置いても圧迫感の無いデザインのものが発売されています。

シュレッダーのサイズを選択

シュレッダーはそのサイズの選択も重要になります。
個人情報や企業情報の保護の必要性は増しています。
シュレッダーはそのための手段として人気となっています。
そのサイズの選択を上手く行うことで、効率の良い処理が可能になります。
シュレッダーは紙やカードなどを効率的に裁断することができます。
このことにより個人情報や企業情報などが流出するリスクを減らすことができます。
見られたくない情報は、機械を使って書類やカードなどを裁断することが効率的なこととなります。
そうした機械は大きさの選択が、スペースの関係でもコストの関係でも重要になります。
そうした選択を上手く行うには、どのサイズの書類を裁断するかを把握する必要があります。
書類の大きさの限界を知ることで、機械の最適な大きさを知ることができます。
書類がそこまで大きくない場合は、小型で裁断スピードの速いタイプのを選択することが効率的な裁断処理を行うことが可能となります。

Valuable information

最終更新日:2016/12/8

コンテンツ

 

 

Copyright(C) 2015 便利なシュレッダー All rights reserved.