シュレッダーを選ぶポイントとは

より良いシュレッダーを選びましょう

シュレッダーの紙詰まりを防ぐ

重要な書類や外部に漏れてしまっては困る書類の処分をする方法として用いられているものがシュレッダーになります。
会社や個人の家でも利用をすることが出来る機械になっています。
一度に何枚も処分をすることが出来ませんので一枚ずつ処分をするということが大切なことになります。
しかし、それでもときには紙詰まりをおこしてしまうということもありますので普段から慎重に利用をするということが必要なことになります。
原因としては、少し厚いものをシュレッダーにかけてしまったり紙の処分を怠ったときにおこる場合もあります。
機械に問題があるときもありますので故障だと思ったら専門業者に修理をしてもらうということも必要なことになります。
紙詰まりをしてしまうとシュレッダーは利用をすることが難しくなったり性能が落ちてしまうということも少なくありません。
ですので、普段からの取り扱いに注意を行って紙詰まりをおこさないように利用をするようにしましょう。

シュレッダーの紙詰まりを防ぐ方法

オフィスや家庭などでシュレッダーを使用する機会も多くなってきた昨今、使用中に紙詰まりなどのトラブルを経験する人が増えてきています。
一度に処理できる紙の量はそのシュレッダーごとに定められており多くが規定以上の量を処理しようとした場合に起こります。
また紙以外にもクレジットカードやCD・DVD、プラスチックなどを処理できるものもあります。
紙以外の素材のもの全てに対応している製品と一部にしか対応していない製品があるため処理を行う前に取扱い説明書などをしっかりと確認しておく必要があります。
一般的に家庭向けの製品とオフィスなどでの使用を想定している業務用の製品では後者のほうが処理能力が高くハイパワーな仕様になっているケースがほとんどです。
業務用の製品では家庭用にはない紙詰まり対策の様々な機能が搭載されており短時間で大量の書類やプラスチック類をシュレッダー処理することができるように設計されています。
これら業務用の製品を購入することも対策の一つになります。

おすすめWEBサイト

2016/9/30 更新

コンテンツ

 

 

Copyright(C) 2015 便利なシュレッダー All rights reserved.